補助金を活用して早期経営改善計画を作成

補助金を活用して早期経営改善計画を作成!
 自社の経営を再確認してみるチャンスです!


 

銀行提出用の決算報告・事業報告作成に補助金が出ることをご存知でしたか?

いま、国が中小企業の生産性向上・経営力向上に重点的に力を入れています。
そんな中、平成29年5月29日から、中小企業の経営計画の作成1年後のモニリングの実施に対して、国が補助金を支給する制度がはじまりました。
この機会に、いち度、自社の経営を俯瞰的に見直してみてはいかがでしょうか?

こちらからお問い合わせください。>>>

「早期経営改善計画作成」により状況が好転した事例

1.既存の借入を整理しながら、設備投資資金2,500万円の融資に成功
2.経営計画書を作成することで、5,000万円/7年の借入で金利が0.5%下がった。
3.赤字決算でも、経営計画書を作成することで1,000万円の新規融資を受けることができた。

※定期的に金融機関に計画書を提出することが重要です。

経営診断・事業計画の流れ(電話&メールでの対応)

STEP1)経済産業省「ローカルベンチマーク」を利用した経営診断
経済産業省「ローカルベンチマーク」を活用した経営課題のヒアリングと分析を実施します。

STEP2)金融機関及び経営改善支援センターへの診断結果等の申請 

STEP3)診断結果に基づく経営計画の作成
経営診断結果に基づき、経営改善に向けた計画の作成を行います。
1日目:ヒアリング及び財務分析
2日目:改善策の立案

STEP4)1年後のモニタリング
経営計画の計画値と実績値の比較を行い、経営状況の早期の改善を実施します。

補助金を活用しない場合には不要です。